弁護士への相談の利点

交通事故の場合の後遺障害の等級認定の際には主治医から提出される診断書がメインの判断材料になってきます。しかし、診断書を単に用意すればいいというわけではありません。よい条件の認定を取るには、弁護士さんにあらかじめ相談をして、担当の先生に適切な診断書をお願いすることが必要になります。後遺障害の認定には、治療のプロセスが丁寧に記載されていることが必要になってきます。同時に医学的な検査結果を明らかにしておくことも必要になります。診断書には記載漏れがあっては認定を受けられなくなってしまうこともありますので注意が必要です。

後遺障害の認定には医学的な検査が必須となっています。後遺障害についての記載が医師の診断書にあったとしても、医学的な客観的な検査データも添えられていないと、等級認定を正しく行うことが出来なくなってしまいます。最悪の場合には認定を受けられなくなってしまうことも考えられます。

更には、後遺障害の認定の結果に満足できない場合には異議の申し立てを検討する必要があります。ただ異議申し立てを行ったとしても、認定の結果が覆ることはありません。認定の誤りを証明するための科学的なデータが必要になります。この場合に法律的・医学的な観点から診断書を用意する必要があるので、弁護士さんに相談をすることが大きな利点があります。また、後遺障害の認定用の診断書の作成に慣れたドクターを法律的な観点から紹介してもらえる可能性もあります。