弁護士の示談交渉

弁護士さんに交通事故についての依頼をすると後遺障害の認定だけではなく、加害者や保険会社との示談交渉の手伝いも請け負ってもらえます。保険会社は会社の経営のことも考えて不当に早い期間で治療費の支払いの打ち切りが行われることもあります。また、必要以上に早く症状固定をすることを求められる場合も出て来ます。その意味で保険会社は中立な立場で損害賠償請求に対応してくれるわけではないのです。極力賠償金の支払い額を抑えるように動いてくるようなこともあります。弁護士さんに示談交渉をお願いしておけば、公正な立場で適正な損害賠償請求を行うことが可能となります。

示談交渉は意外に肉体的なストレスを感じるものです。不法なことをやっているわけではないのですが、相手があることは当然相手の思惑も出てくるので落としどころを探していくのは大変なプロセスです。弁護士さんに示談交渉をお願いしておけば、そのような肉体的なストレスから解放されることになります。

示談交渉を弁護士さんに依頼しておくと、後遺障害の治療に専念できるので、治療が速く進むようなことも考えられます。肉体的なストレスは病気の治療にマイナスに働くことが多いものです。弁護士さんに存在はプラスに働くことが多いので依頼する方がメリットが多くなります。